賃貸物件管理 
- プロパティ・マネジメント -

新築・中古(老功アパート)など、どのような物件でも管理いたします。また「家賃の滞納」や「空室が多い」などのお悩みに確実に対応する万全のシステムで、安全・確実な経営はのサポートをいたします。幅広い業務を、弊社の主要4事業の連携でカバーします。アパート・マンション経営の煩雑な作業からオーナー様を解放いたします。

入退去管理業務

入居時のお客様へフォローアップ、家賃の入出金、退去修繕、苦情対応など賃貸経営には多くの手間がかかります。賃貸経営にかかわるオーナー様の手間を軽減し賃貸経営をサポート致します。

建物保守管理業務

アパート・マンションの経営には、入居者の管理業務だけでなく、建物自体の日ごろのメンテナンスや、経年劣化への対応、内装や外周のリフォームも大きなウエイトを占めます。
当社のアフターサービスシステムで、滞りのないメンテナンスをご提供いたします。

アフターサービス業務

アパート・マンションの経営開始後の、家賃の集金・督促、入居者の苦情処理、賃貸契約更新手続きなどの煩雑な業務を、当社の万全な管理システムでお応えいたします。
一括借上と業務委託の2つのシステムをご用意しております。

リフォーム業務

アパート・マンションの経営には、入居者の管理業務だけでなく、建物自体の日ごろのメンテナンスや、経年劣化への対応、内装や外周のリフォームも大きなウエイトを占めます。
当社のアフターサービスシステムで、滞りのないメンテナンスをご提供いたします。

●リフォーム事業でのアフターサービス内容
・除草作業
・清掃作業
・排水桝清掃
・植栽の手入れ
・退去時のリフォーム
・外装・内装のリフォーム
・諸設備の修理

入居前は

入居前は ~引っ越し前のチェック項目~(シュミレーション)

1ヶ月前
  • ◆学校などの転校手続き
    公立小・中学校は、在籍校から教科書給与証明書と在学証明書を発行してもらい、住民票の手続きの際に渡される学校指定通知書と一緒に転入する学校へ提出します。
    なお、転入する学校へはあらかじめ電話を入れておくと手続きがスムーズです。その他の学校は扱いが異なりますので、私立中学・高校は私立中学高等学校協会へ、公立高校は各都道府県教育委員会へ問い合わせください。
  • ◆不用品、粗大ゴミなどの手配
    市役所または区役所の清掃担当部署に連絡してください。引き取りまでには時間がかかる場合もありますので早めに手配を。
3週間前
  • ◆電話の移転
    「116」に電話をし引っ越しの旨を知らせ、取り外し、取り付けの手配を行いましょう。特に、新築物件の取付の場合には工事費がかかることもあるので前もって確認しましょう。
  • ◆転居のあいさつ状を準備する
    印刷などの都合により、2週間位かかるので早目に行動した方がいいでしょう。
    また、転居のあいさつ状の文例は印刷会社にありますので、文例を参考にするとよいでしょう。
2週間前
  • ◆郵便物の転送の手続きをする
    現在の受け持ち郵便局に転居届を提出する。
    ※郵便物を1年間転送してもらえます。
1週間前
  • ◆役所での手続き
    ●転出届
    国民健康保険証、印鑑登録カードを持参し、転出証明書を発行してもらいます。
    ●印鑑登録
    転出届を出し、印鑑登録カードを返却すると自動的に消去されます。
    ●国民健康保険
    保険証、印章を持参し、転出届を出し保険証を返却します。
    ●国民年金
    転入先で手続きを行います。
    ●福祉関係
    印章を持参し、児童手当などの資格喪失届を提出します。(同市区町村への引っ越しの場合は不要)
  • ◆電気・ガス・水道の手続き
    引っ越しの3~4日前までに現住所と転出先の受け持ち営業所に連絡しましょう。
  • ◆公共料金などの振り替え手続き
    引っ越し先で手続きします。
  • ◆銀行・郵便貯金などの住所変更
    転出先に現在使用している金融機関の支店がある場合は、引っ越し後に手続きします。その他は口座を新規に開設し各種振り替えが変更された時点で旧口座を解約します。
  • ◆保険・クレジット会社などの住所変更
    それぞれの会社に電話し住所変更を行います。
前日
  • ◆洗濯機の水抜き
    傾けて中の水を取り除いておきます。
  • ◆冷蔵庫の霜取り・水抜き
    中のものを全部出してから霜を取り、受け皿にたまった水を捨てておきます。
  • ◆ご近所への挨拶
    お世話になった挨拶に加え、業者や車両の出入りがあることをお知らせしておきましょう。
当日
  • ◆電気・ガス・水道の閉栓(転出の時)
    各業者の作業に立ち合い、料金精算なども行います。
  • ◆荷物搬入の立ち合い(転入の時)
    家具や荷物に破損などないか、トラックの荷台に荷物が残っていないか確認しましょう。また共有部分は、保護をして傷つけないよう注意しましょう。
  • ◆ご近所への挨拶(転入の時)
    これから長いおつきあいになる人への挨拶を忘れずに。

入居中

新居に移った後の入居者の心得

家賃
新居の家賃の支払い方法を確認する
家賃の支払いは契約書に記載どおりの方法で行ってください。
※家賃の支払いが遅れますと、遅延損害金が発生したり、契約が解除になる場合があります。
防災
就寝時、外出時の火元の確認をはじめ、たばこの消し忘れ、暖房器具のつけっぱなしなどに注意してください。
※たばこの消し忘れは常に火災原因の上位です。寝たばこは特に注意してください。
※暖房器具を使用する際は寝具や衣類などから離しておくように。
※バルコニーなどは非常時の通路となりますので、モノを放置しないでください。
盗難
玄関ドアはもちろん、ベランダやトイレ、浴室の窓などの施錠チェックを忘れずに。(カギを紛失した場合は、ただちにご連絡ください。有料にて、シリンダ交換をいたします。)窃盗のプロは窓の大小を問わずに侵入してきます。長期にわたって留守にするときは、新聞の配達を止めるなどの気くばりをしてください。
漏水
洗濯後、浴室などから水があふれると、階下に影響を及ぼし、たいへんな被害となってしまいます。水道栓の開閉、ホースの差し込み、排水管のつまりなどの管理はしっかりと行ってください。
※洗濯機の排水ホースは排水口にきちっと差し込んでください。
※キッチン、浴室などの排水口はこまめに掃除してください。
※油、ゴミ、生理用品などは絶対に流さないでください。
※ベランダでの植木の水やりにも注意してください。
騒音
共同生活ではある程度の音は「生活音」として許容しなくてはなりません。しかし、深夜の入浴や洗濯、掃除、テレビなどの音は「騒音」となりますので十分に注意してください。
※テレビは壁から離して設置すると音が伝わりにくくなります。
※ステレオはボリュームを絞ってください。
※ドアの開け閉め、階段の上り下りは静かに。
ペット
犬、猫などの小動物を飼うことは禁止しております。(一時の預かりも禁止です。)ペットは臭い、鳴き声、ノミ、ダニの発生など近隣住宅の迷惑となりますので、必ずルールは守ってください。
(ペット可のアパート・マンションは除く)
違法駐車・違法駐輪
指定場所以外、近隣路上などでの駐車駐輪は厳禁です。
違法駐車→罰金3万円!!
共用部分での荷物の放置
廊下、ベランダ、玄関ホールは共用部分です。ゴミや私物、出前の器などの放置は禁止しています。

契約更新・解約

契約更新
賃貸借契約では、通常2年間となっております。(一部例外を除く)
当社火災保険に加入されている場合は、更新手続きも同時に行います。
他社加入の場合は、満期日をご確認ください。
  • 1.トラストにご加入の方
    賃貸借契約は2年毎の自動更新となりますが、トラスト保証委託契約は1年毎に別途保証料が必要です。
  • 2.それ以外の方
    契約満了日が近づきますと、更新の案内<契約更新のお知らせ>をお送りします。
    ※万が一、案内が無い場合は必ず事前にお問い合わせください。
解約
  • 1.解約通知
    解約をする場合は、契約書に記載の指定の予告期間内にご連絡ください。電話だけでのご連絡はトラブルとなりますので、必ず電話連絡後、巻末の「解約通知書」を当社までお送りください。
    ※解約日がはっきりしない場合は受け付けられません。
    (注)解約通知後の変更は認められません。
  • 2.解約日、ルームチェック当日
    解約日までには、必ず荷物を全部出した状態にしておいてください。また、退去時にでたゴミは責任をもって処理してください。
    ※その他、次の点をご留意ください。
    ●公共料金等の清算を必ず行っておいてください。
    ●入居時にお渡しした「鍵」を必ずご返却ください。(スペアキーも含みます。)
    ●室内備品の取り扱い説明書もご返却ください。
    ※最寄りの郵便局への転居届(用紙は郵便局にあります)を提出すると、旧住所宛ての郵便物は新住所へ転送されます。
  • 3.敷金の清算
    ルームチェック後、解約清算所を郵送(またはご連絡)します。
    ※敷金の清算は諸経費の処理後となります。
    ※家賃滞納などで預かり敷金を超えた場合は、当社の指定する方法でお支払いいただきます。銀行振り込みの場合、手数料はお客様のご負担となります。
原状回復
賃貸契約書に明記されておりますとおり、退去時には使用した部屋などの原状回復をしていただきます。この費用は敷金と差し引き計算し、余剰金がある場合には返還、不足が生じた場合には追加支払いいただきます。