入居時


入居前は ~引っ越し前のチェック項目~(シュミレーション)

◆学校などの転校手続き
公立小・中学校は、在籍校から教科書給与証明書と在学証明書を発行してもらい、住民票の手続きの際に渡される学校指定通知書と一緒に転入する学校へ提出します。
なお、転入する学校へはあらかじめ電話を入れておくと手続きがスムーズです。その他の学校は扱いが異なりますので、私立中学・高校は私立中学高等学校協会へ、公立高校は各都道府県教育委員会へ問い合わせください。

◆不用品、粗大ゴミなどの手配
市役所または区役所の清掃担当部署に連絡してください。引き取りまでには時間がかかる場合もありますので早めに手配を。


◆電話の移転
「116」に電話をし引っ越しの旨を知らせ、取り外し、取り付けの手配を行いましょう。特に、新築物件の取付の場合には工事費がかかることもあるので前もって確認しましょう。

◆転居のあいさつ状を準備する
印刷などの都合により、2週間位かかるので早目に行動した方がいいでしょう。
また、転居のあいさつ状の文例は印刷会社にありますので、文例を参考にするとよいでしょう。


◆郵便物の転送の手続きをする
現在の受け持ち郵便局に転居届を提出する。
※郵便物を1年間転送してもらえます。

◆役所での手続き
●転出届
国民健康保険証、印鑑登録カードを持参し、転出証明書を発行してもらいます。
●印鑑登録
転出届を出し、印鑑登録カードを返却すると自動的に消去されます。
●国民健康保険
保険証、印章を持参し、転出届を出し保険証を返却します。
●国民年金
転入先で手続きを行います。
●福祉関係
印章を持参し、児童手当などの資格喪失届を提出します。(同市区町村への引っ越しの場合は不要)

◆電気・ガス・水道の手続き
引っ越しの3~4日前までに現住所と転出先の受け持ち営業所に連絡しましょう。

◆公共料金などの振り替え手続き
引っ越し先で手続きします。

◆銀行・郵便貯金などの住所変更
転出先に現在使用している金融機関の支店がある場合は、引っ越し後に手続きします。その他は口座を新規に開設し各種振り替えが変更された時点で旧口座を解約します。

◆保険・クレジット会社などの住所変更
それぞれの会社に電話し住所変更を行います。

◆洗濯機の水抜き
傾けて中の水を取り除いておきます。

◆冷蔵庫の霜取り・水抜き
中のものを全部出してから霜を取り、受け皿にたまった水を捨てておきます。

◆ご近所への挨拶
お世話になった挨拶に加え、業者や車両の出入りがあることをお知らせしておきましょう。

◆電気・ガス・水道の閉栓(転出の時)
各業者の作業に立ち合い、料金精算なども行います。

◆荷物搬入の立ち合い(転入の時)
家具や荷物に破損などないか、トラックの荷台に荷物が残っていないか確認しましょう。また共有部分は、保護をして傷つけないよう注意しましょう。

◆ご近所への挨拶(転入の時)
これから長いおつきあいになる人への挨拶を忘れずに。